FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督官試験について

2016.08.24(Wed)

『模試・試験』 Comment(0)Trackback(0)
 今日で官庁訪問も無事終わり、初日に内々定を頂いた官庁で10月から働くことができそうです。監督官としてではないですが、労働行政に関わることができる官庁なのでこれから楽しみにしています。

 来月12日にネット上で成績開示できるみたいですが、監督官の択一の点数を人事院で公開されている「合格点及び平均点等一覧」を元にとりあえず計算してみた。

 【労働基準監督官A・合格点】
 第一次試験合格点:366点
 最終合格点:477点

 【自分の得点】
 教養試験:234.7点
 専門試験:375.1点
 合計:609.8点 

 専門記述含めないでこの得点(択一の得点だけで既に最終合格ラインを越えている)ということは、落ちた原因は以下の3つだと思う。
 1,面接の評価が×
 2,専門記述の得点が足切り点(60/200)を下回っていた
 3,身体検査で引っかかった

 …どう考えても1ですね(;´д`) 
 面接の手応えは悪くなかったが、面接官側から見て適性がないと判断されたのだろう。
 
 2については、
 労働法・労働事情どちらも語句説明・論述共に空欄なく記入したので、足切りは回避している。
 3については、
 引っかかるような病気はしていない。

 労働基準監督官試験は人物重視の試験だ、という気がする。どんなに受け答えがスムーズでも、監督官の職務(事業場への臨検、事業主への指導、司法警察職員としての職務)への適性と熱意が伝わらなければ、筆記上位でも落ちるということだろう。監督官は他の公務員とは異なる権限を持っているため、その権限がうまく使いこなせるであろう人物でなければならないということだと思う。監督署に訪問して現役の監督官の方に貴重なお話を聞かせてもらっただけに、その経験が十分発揮できなかったことが心残りだ。

 筆記試験・面接試験各々について、成績開示した後でさらに詳しく考察してみたいと思います。最後に、今年監督官試験に最終合格された方、是非労働環境の是正のためにがんばってください! 来年試験を受けられる方は私のこの経験を他山の石として勉強に邁進していただければと思います。

 以下、コメントへの返信です。
・8/15の記事に拍手コメントされた方へ
 応援ありがとうございます! 結果はご覧の通りになってしまいましたが、心細いなか、励みになりました。内々定を得た官庁でこれから頑張ろうと思います!

・8/15の記事で隠しコメントされた方へ
 コメントありがとうございます。 私も労基不合格となってしまいました(;´д`)
 アドバイスといっても、筆記試験についてしか自信を持って話せません…。人物試験については完全に敗者の弁となってしまいますが、それでもよければコメントしようかと思います。

 ブログ上でも監督官試験について考察していきたいと思いますが、何分ブログという性質上、あまりに個別具体的なことは書けません。メールでよければ、かなり突っ込んだ話も出来るかと思いますが、いかがでしょうか? 隠しコメントという形でフリーメールアドレスなど載せて頂ければこちらから追って返信したいと思います。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://bildung123.blog58.fc2.com/tb.php/238-bf04f48b

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。