FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を偉く見せたい人たち

2013.12.15(Sun)

『思うこと』 Comment(2)Trackback(0)
 久しぶりにブログを更新します。この一ヶ月、新しい店舗に慣れるので精一杯でした。肉体的にも、精神的にもかなり参りました。今は、ようやく新店舗の仕事にも慣れてきて「辞めたい」状態はやや落ち着いたように思います。仕事の愚痴は様々な友人に聞いてもらい、心も軽くなりました。しかし、その分携帯代がこれまでになく高額になってしまいましたが(笑)。

 ところで、「仕事が辛い、辞めたい」というとこんな答えが返ってくることもあるかと思います(僕の友人にはこういう人はいませんでしたが)。「もっとひどい仕事(会社)はあるから、我慢しろ」「経験が浅い新人がそんな愚痴をいうのは論外だ」挙げ句の果てには、「考えが甘い、気合で乗り切れ」だとか。
 こうしたことを言う人たちは現状を変えたくないのではないか、と思います。確かに仕事は苦労しなければなりませんが、苦労するために苦労する必要はありません。こういう人たちが上に居座っている会社は大抵、下の人たちにどんどん仕事を丸投げしているのではないかと思います。自分たちだけが甘い汁を吸える体制なら、どんな理屈をつけてでもその体制を固持しようと躍起になるものです。
 僕の会社で見られるような様々な不都合(教育体制の不備、頻繁な異動など)は「仕事のための苦労」ではなく、「苦労のための苦労」に過ぎません。「仕事のための苦労」であれば納得もいくし、それでいちいち文句を言っていたら、それこそ「お前は甘い」と一蹴されて終わりです。なぜならそうした苦労を経験することで、仕事も早く正確になっていくからです。しかし「苦労のための苦労」は仕事を円滑に進めるどころか、むしろ阻害するものでしかないでしょう。
 僕の会社の場合ろくろく仕事も教えられず(というか皆忙しくて教えたくとも教えられない)、店を転々とするうち、新入社員は2年も経てば店長を任せられるでしょう。しかしそうして無理に人材を短期で戦力にしたところでそれに耐ええない人が続出するのは明白で、こうした方針は中長期的に見れば限界を迎えることだろうと思います。すなわち仕事に不要な「苦労のための苦労」は一従業員だけを蝕むのではなく、会社全体をも蝕むのです。

 前にあげたようなガンバリズム、精神論が単なる叱咤激励であればいいのですが、これを本気で信じている人がいるとすれば、ちょっと距離を置いたほうがいいかもしれません。「君のためを思って」などと言うかもしれませんが、こうした人はその人のことも仕事や会社のことも考えてはいないのです。ただ自分の経験を押し付け、自分を偉く見せたいだけなのです。

 以下、前回の記事へのコメントに対する返信です。
 
 返信遅くなり申し訳ありません。この一ヶ月はまさに試練の時でした。長い間ブログを見ていただいて、ただ感謝です。就職の時、僕はそこまで張り切っていたでしょうか・・・(笑)。

 僕は最近新しく採用されたバイトの教育にあたっています。自分が教えたことを相手が熱心に聞き、仕事が一人でできるようになった時、大きな喜びを感じています。教員になるのもいいかもな、などとあまっちょろい考えを持っています。
 
 普段の生活は独りということもあり、ブログを介していろんな人々とつながることができるということは大きな励みになります! またのご訪問をお待ちしています。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://bildung123.blog58.fc2.com/tb.php/163-9bf1f01f

トラックバック
コメント
"下の人たちにどんどん仕事を丸投げしているのではないか"、こういう不可思議な部分を自分の心に留めて置いて、自分が繰り返さない事が大事だと思います。

皆、自分がされて嫌だった事は忘れちゃうんですかね?
荻島 優午 2013.12.15 23:19 編集
 お久しぶりです。コメントありがとうございます。

 うーん、確かに自分がされたことは忘れてしまうんでしょうね。あとは「俺も昔はこれだけ苦労したんだから、お前らも同じ思いをしろ」っていうようなところもありますかね・・・。
 または下にいる人たちのことを考えて仕事を丸投げできないような人間は、出世できないというか、自分よりも上の人たちに睨まれて、潰されるからかもしれません。結局本社などの上の部署にいる人たちは、そうやって淘汰されていくんでしょう。
 そうした意味では、仕事を丸投げせざるを得ない人たちも非合理な上司や企業体制の犠牲者かもしれません・・・。
マンボウ 2013.12.23 22:34 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。