FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲れ

2013.10.29(Tue)

『思うこと』 Comment(2)Trackback(0)
 前回の記事で会社を辞めると言いました。しかし店長とも話し合い、なんとか辞めることは保留になりました。
 ようやく気持ちも落ち着いてきたところだったのですが、つい最近また異動の話が出てきました。なんでも同じ地区の方が辞めるようで、その代わりとのことです・・・。

 そうしたこともあり、また気持ちがぐらついてきています。今の店舗の業務や人間関係にも慣れてきたのに、またリセットというわけ。
 考えてみれば、入社して初めて配属された店から2ヶ月半で今の店へ異動、そして今再び4ヶ月ほどでまた別の店へ・・・。こんな目まぐるしく店を変えられては、仕事を覚えるどころじゃない。新入社員というだけで精神的負担が大きいのに。

 新入社員の方が、動かしやすいというのはあるのかもしれない。けれども、ろくすっぽ教育しないで将棋の駒のように人を使って何の利益になるのか。人件費を抑えるために正社員を少なくし、その分過大な責任を押し付ける。その責任に応じうる人材を育てるための時間も労力もかけようとしない。現場の人たちは皆業務に忙殺されていて、他の社員のことなんて考えていられない。だから責任に耐え切れず人が辞めていく。そうした「穴」を人事異動によって別の社員で一時的に埋める。しかしその穴埋め社員もまた今までの環境とは全く異なるところで仕事をせねばならないから、長くは続かない・・・。こうした悪循環を続けながらも、どんどん新店をオープンさせ、或いは既存店の改装をする。そうやって利益だけは上昇させるが、決して人材の育成には投資しない。競争に勝つために、或いは更なる利益のために投資する。人材は安くこき使えれば、それだけ負担を減らすことができる。だから人材なんてその場限りの、使い捨てでいい。僕がこの会社で働いて感じたことはこういうことだった。

 利益を出すことは重要だ。けれども利益は人びとに還元されるから重要なのである。「利益のために利益を出す」という自己目的の運動は、まるで狂信的な宗教だ。

 なんだかんだと書いたけれど、もう疲れた。とにかく布団の中でじっとしていよう。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://bildung123.blog58.fc2.com/tb.php/161-6727d940

トラックバック
コメント
お久しぶりです!(・ω・)ほんとうにお疲れ様です。
"手段が目的になってしまった"というやつですか…それとも、僕が以前に漫画の中で"手段のためなら目的を選ばない"という、もう一段階上の方ですかね。笑(´Д` )
たしかに、誰かに何かをいくら主体的に教わろうという姿勢があっても、それに見合う納得できるものが返ってこないのはモチベーション下がりますね。(;´Д`A

いろんな選択肢があるのでしょうが、お身体だけは大事にッ!
TNB10 2013.10.31 01:16 編集
コメントありがとうございます。

まさに手段と目的の顛倒ですね、うちの会社で起こっていることは。
ろくに仕事を教えもしないでどんどん仕事や地位を丸投げしてくるので困ったものです。
「仕事は教えられるよりも先に盗むものだ」なんて言われますけど、そんなことがまかり通るのは伝統工芸の職人のように時間的に大きなゆとりがあり、変化の緩慢な世界だけのような気がします。

まあ、ゆっくりこれからのことは考えます。身体の方は大丈夫なので、心配無用です(笑)。
マンボウ 2013.11.05 22:45 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。