FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不言実行

2012.10.05(Fri)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。

最近、「不言実行」という言葉が頭に浮かびます。

僕は中学校の時など、「夏休みの過ごし方」なる計画表を書かされたことをよく覚えています。
僕はこうした計画表を一応は書き上げましたが、どれもこれも計画倒れに終わりました。それは僕の行動力の無さに依るところも多いわけですが、今になって不思議に思うことがあります。
それはなぜ計画を「書かされる」必要があったのか、ということです。それは勿論、与えられた課題を期限までに着実にこなしていく力を身につけ、将来社会の中で生きてゆくために必要だからなのでしょう。

しかし、それを踏まえてもなお、僕にはなんだか計画を「書かされる」ということについて強い違和感を感じるのです。僕が強く思うのは、「○○をしたい」という強い意志があるからこそ、それが計画という具体的なものに現れるのであって、計画を上から押し付けたところで、一体その人にとってなんの意味があるのか、ということなのです。もちろん、一個人にとって必要でなくとも、その人の所属する組織を維持していくのに必要な計画であるのかもしれません。往々にして、その人の所属する組織を維持するということは、その構成員たる個人を維持するということにつながりますから、上からの計画なんて不必要で、絶対に受けいれるべきでない、などという気はありません。

それでも僕は、やはり自分の意志が重要じゃないか、と思うのです。上からの計画が必要とされる場合でも、そうした上からの計画と下からの意志とが上手くマッチすることで、その計画が十分に実行されるのだと思います(もっとも、これが上手く合わないのでいろいろな社会問題が発生するわけですが)。

また、よく「自分のやりたいことや計画を誰かの前で宣言した方が、それを実行するのに効果的」などということをよく耳にしますが、僕は計画というものはあまり濫りに書いたり、口にしたりするよりも、それを心で念じつつ、黙々と実行していく方がよいのではないかと思います。僕は「○○をしたい」という強い意志が重要だと書きました。「○○をしたい」と口にする人はよくいますが、僕も含め、そういう人に限っていつまでも「○○をしたい」という状態のまま月日が経ってゆき、「○○をした」と言える日がなかなかやって来ないものです。逆に、「○○をしたい」という意志を持ちつつ、かと言ってそれをいちいち人前で言挙げすることもなく、長い間陰で努力している人が報われるということが多いのだと思います。

そんな人は、「○○をした」という時、初めて注目されることでしょう。そんな時、僕のような何も知らない人間は、「なんてすごい人なんだ。もとからすごい才能の持ち主で、さほど苦労もしなかったんだろう」などと思ってしまいますが、普通の人が「○○をしたい」と口にしている間に、そんな人は自分の「○○をしたい」という切実な思いが口ではなく、目や耳や手や体を動かした人なのだと思います。

「有言実行」は予告ホームランみたいで確かにかっこいいですが、僕は「不言実行」の人の方が「コミュニケーション能力」なる用語を振りかざして、誰にでも将来の計画や目標を言わせようとする今日の社会において、より魅力的であると思っています。

また長くなりましたが、このへんで。
ではまた。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://bildung123.blog58.fc2.com/tb.php/132-7eb742dd

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。