FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

11月22日まで

2015.11.23(Mon)

『学習記録』 Comment(0)Trackback(0)
○憲法
 ④:裁判所、司法権の独立など。
○民法Ⅰ
 ③:時効、物件総説、不動産物権変動。
○民法Ⅱ
 ②:親族法の氏、親権。及び相続法。
○経済原論Ⅰ(ミクロ)
 ③:期待効用、自由貿易、関税政策など。
○経済原論Ⅱ(マクロ)
 ③:GDP、産業連関表、45度線分析。
○数的処理
 ③:数量推理など。
○行政法
 ②:地方自治を終え、公物・警察・公務員の分野へ。
○英文
 ②:内容把握。
○世界史
 3回目の講義の途中。中世ヨーロッパ史(封建制の確立や十字軍など)、ルネサンス、新航路開拓、宗教改革まで復習。
○刑法
 講義6回目。刑法総則の学習を終え、各論へ。財産罪(窃盗・強盗・詐欺など)。
○政治学
 圧力団体(利益集団)や権力論。

 刑法が一通り終わり次第、いよいよ本丸の労働法の勉強に入りたいと思っている。あくまで労働基準監督官試験だけを考えると、あとは労働法と時事関連の科目さえ勉強すれば試験範囲のほとんどの科目を勉強したことになる。頂上はうっすら見えてきたが、まだ五、六合目といったところか。

 「ふなっしー」を見ると「プラッシーの戦い」を思い出す今日この頃。
スポンサーサイト

pagetop ↑

11月12日まで

2015.11.13(Fri)

『学習記録』 Comment(0)Trackback(0)
○憲法
 ④:内閣について。
○民法Ⅰ
 ③:代理、条件・期限、時効総説。
○民法Ⅱ
 ②:家族法。親族分野、婚姻など。
○経済原論Ⅰ(ミクロ)
 ③:不完全競争市場。独占、複占、公共財、費用逓減産業。
○経済原論Ⅱ(マクロ)
 ②:国際収支(アブソープション・アプローチなど)、外国為替。
○数的処理
 ③:真偽、順序関係。
○行政法
 ②:地方自治。
○英文
 ②:引き続き内容把握。
○日本史
 大正・昭和~現代までの問題を解く。残るはテーマ史の演習のみ。
○世界史
 1回目の講義を聴き終える。古代文明、古代ローマ、中国王朝史、イスラム王朝史。
○刑法
 講義5回目。共犯の続き。間接正犯まで復習。
○政治学
 選挙制度。

 日本史の勉強が一通り済んだので、世界史をやり始めた。日本史と同じくらい面白い。一方で刑法は勉強していると眠たくなってしまうが・・・。教養科目の残りでは地理・地学・生物あたりをやっていきたいので、もっと勉強のペースを上げねばならない。

 自習室のカードを再発行してもらった。ついでに、ロッカーも借りたのでいちいちテキストや問題集を持っていかずに勉強できるようになった。休日は自習室にカンズメになっている。これも試験に受かるためには仕方のないことだ。しっかり勉強しよう。

pagetop ↑

ディーセント・ワーク(尊厳ある仕事)

2015.11.11(Wed)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
 卒業した大学の公開講座へ行ってきた。

 労働法の講座で、学生のアルバイトの実態を通して雇用と法制度について説明するものだった。タイミングのいいことに、僕はちょうど大内裕和・今野晴貴『ブラックバイト』(堀之内出版)を読んでいたので、興味深く聴くことができた。
 この公開講座での学生アルバイトの実態調査結果も、『ブラックバイト』に掲載されている実態調査結果も、調査対象の学生の範囲こそ異なるが、かなり似かよったものになっていた。具体的にはアルバイトでの問題点として、残業代や割増賃金の不支給、給与明細の不支給などが挙げられていた。さらに労働時間の不規則化、長時間化で、勉強時間が取れないということも共通だった。学生アルバイトの置かれた労働環境が劣悪化しつつあるということは、一地方の問題ではなく、全国的に広がっているのだ。

 公開講座では、教授の方はこんなことを言っていた。

 「ブラック企業・ブラックバイトというのは、端的に言えば、労働基準法などに違反した違法企業のことを指します。労働基準法は労働の最低基準を定めたもので、これに違反するということは労働者の生存権・人格権を侵害する犯罪です」

 「犯罪」とまで言わなくてはいけない状況が今の社会だ。あくまで僕個人の意見だが、「ブラック」と形容されることで労働問題が知れ渡り、問題提起となった反面、それはなんだか薄っぺらい表層的な認識ともなっているように思える。だからこそ、この教授はあえて「犯罪」と形容したのではないかと思う(もちろん、強行法規たる労基法に抵触することは紛れもなく「犯罪」であるが)。

 「うちの会社はブラックでさぁ・・・」
 「みんな同じさ、世の中ブラックだらけだよ、それぐらいで甘えるな」

 こうしたレベルで労働問題が語られてしまうこと自体、何かやりきれない、かなしい思いがするのは僕だけだろうか(こういう問答はもう耳にタコができるほど聞いてきたので辟易しているというのが、正直なところ)。世間にはもっと辛い仕事も職場もあるかもしれない。しかしそのことを以て、自分の労働環境をそのまま我慢していていいのか。結局は単なる現状追認ではないのか。
 講座の最後で、「ディーセント・ワーク」という言葉が紹介された。「尊厳ある仕事」という意味らしい。単なる労働力商品として扱われるのではなく、人間としての尊厳を持って働ける仕事。理想化され過ぎているきらいはあるが、そうした仕事に就ける社会こそ目指さなければならない。

pagetop ↑

11月3日まで

2015.11.04(Wed)

『学習記録』 Comment(0)Trackback(0)
○憲法
 ④:人権分野を終えたので、統治分野へ。国会。
○民法Ⅰ
 ③:意思能力・行為能力、失踪宣告、無効・取消し。
○経済原論Ⅰ(ミクロ)
 ③:短期・長期の費用曲線、長期均衡。
○経済原論Ⅱ(マクロ)
 ②:ハロッド=ドーマー成長論、新古典派成長論、景気循環。
○数的処理
 ③:数的処理を全て終えたので、判断推理に入る。論理式・ベン図。
○行政法
 ②:国家賠償。
○英文
 ②:内容把握。
○社会科学
 ②:世界経済史、日本の戦後経済史。
○人文科学(日本史)
 講義全て終了。GHQによる戦後改革までを復習する。幕末~明治期の問題を解く。
○刑法
 講義4回目。共犯まで。未遂犯のところまで復習。
○政治学
 各国の政治制度。

 今月から新たに政治学をやり始めた。自分の受けているコースに政治学は入っていないので、過去問を買って独学している。とはいえ、社会科学で勉強した箇所と被っているので、全くわからないわけではない。地道に進めよう。
 政治学よりも刑法の方がイマイチ理解が進まない。判例などの具体的な箇所はまだしも、学説の争いについては抽象的で難しい。やはり一回で全てを理解するのは厳しいようだ。

 この前バイト先の飲み会があった時に、予備校の自習室を使うとき必要なカードをどこかでなくしてしまったらしい。なんだかんだいって、やっぱり自習室が一番自分にとっては勉強しやすい。再発行してもらわねば・・・(ーー;)

pagetop ↑

▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2015 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。