FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

中島らもの魅力

2015.06.29(Mon)

『読んだ本』 Comment(0)Trackback(0)
  こう毎日毎日、勉強の記録だけをブログに書いていても味気ない(勉強の進捗を確認する上では重要だけど)ので、たまには関係のないことを。

 仕事を辞めてからもう約4ヶ月ほどになる。日々顔を合わせるのはバイト先の人か、予備校の人か、家族ぐらいなものだ。大学の頃の友人も忙しいらしく、ほとんど会う機会はない。前の仕事の人たちからはたまに飲み会に誘われたりする。
 会いたくない人に会う必要がないというのは、恵まれているのかもしれない。一人で過ごしていると、人間関係ってずいぶんと相対的なもんだとつくづく感じる。会うことがなくなれば、自然とそこにあった人間関係も消えていくのだと思う(長い間体を動かしていないと筋力が衰えていくように)。
 今までもろもろの必要性によって維持せざるを得なかった人間関係が消えていく中で、本当にわずかだが、消えるどころか存在感を増してゆくものもある。おそらくその人たちは私にとってなにかしら重要なのだろう。少なくとも、相手のことをもっと知りたいからその人と会い、話を聞きたいわけだ。もうこれ以上知りたくないと思えば、その相手とは関わりたくないのが人情だろう。
 だから本当に相手のことを思う人であれば、安易に相手を理解しようとはしない。相手をどこまで理解したと思ってもそれは、自分なりの解釈にすぎない。相手の経験や心情を、相手に成り代わって完全に理解できるというのは、単なる傲慢であると思う。だからこそ、嫌な奴には自分なりの解釈を貼り付けて、そこで切り捨ててしまえるわけだ。そういう人間にかかずらっているより、自分のなすべきことに集中する方法としてそうするのもやむを得ないのかもしれない。
 けれども、信頼できる数少ない相手を切り捨てることはできないはずだ。「もっと知りたい」と言える相手は、現実に面と向かって合う相手かもしれないし、そうでないかもしれない。例えば、ネットを介してのつながりや、本を介してのつながりも考えられるだろう。

 そういう相手をまた一人、知ることができた。
 中島らも『僕に踏まれた街と僕が踏まれた街』(集英社文庫)を読んだ。
 灘中、灘高、落ちこぼれ、浪人、アル中、薬、音楽・・・。著者の人生がドタバタ風に、面白おかしく描かれている。だが、そんな中に、はっとさせられる一節が何気なく立ち現れてくるのだ。北杜夫の「ドクトルまんぼうシリーズ」と相通ずるものがあるようにおもう。

 アル中になった著者が入院し、病室で一緒になった患者が亡くなっていったことに続けて、こんなことを書いている。

 「そうやって転がり込んできた命を、また同じことをして捨てにかかるのでは、死んだ人に対して申し訳が立たない。だからといって別に心を入れ替えて頑張るつもりはない。相変わらずいい加減なことをやっているのだが、それでもだらだらとではあるが、生きることにした。」

 また、大学浪人中であった友人が自殺したことに続けて、

 「ただ、こうして生きてきてみるとわかるのだが、めったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないが、「生きていてよかった」と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける。だから「あいつも生きてりゃよかったのに」と思う。生きていて、バカをやって、アル中になって、醜く老いていって、それでも「まんざらでもない」瞬間を額に入れてときどき眺めたりして、そうやって生きていればよかったのに、と思う。」

 と書き、過去の友人たちが音楽での成功を収めた話では、

 「誰でも夢がつかめる。才能よりもむしろ持続する能力があればの話だが。」

 と結んでいる。生と死のコントラストというか、現実や日常を見据えながらも、それを通り越した本質のようなものを掴んでいるからこそ面白いのだとおもう。だからこそ、この本は僕を惹きつけたわけだ。魅力ある相手のことはますますその内奥を知りたくなる。というわけで、いま僕は『今夜、すべてのバーで』を読んでいる。
スポンサーサイト

pagetop ↑

6月28日まで

2015.06.29(Mon)

『学習記録』 Comment(0)Trackback(0)
○民法Ⅰ
 二周目。抵当権の物上代位、法定地上権を終える。
○民法Ⅱ
 債権総論、相殺まで。
○経済原論(ミクロ)
 生産者理論終了。市場理論に入る。完全競争市場など。
○数的処理
 判断推理の二周目を終え、図形の二周目。
○社会科学
○文章理解(英文)
 どちらも少しずつ進めている。

 今月は労基の試験もあり、気を引き締めて勉強が出来たような気がする。重要科目の民法、数的、経済については予定していた目安よりも先へ進むことができたように思う。

pagetop ↑

6月20日まで

2015.06.21(Sun)

『学習記録』 Comment(0)Trackback(0)
○民法Ⅰ
 二周目。残すは担保物権のみ。
○民法Ⅱ
 講義の二回目がまもなく終了。債権者代位権、詐害行為取消権など、債権編に入ってからはぐっと難易度が上がった。
○経済原論(ミクロ)
 五回目の講義。演習は生産者理論の生産関数まで。
○数的処理
 判断推理の二周目、「位置関係」の演習。
○社会科学
 二周目、選挙制度。
○文章理解(英文)
 テキストの例題をひたすら解く。
○憲法
 三周目終了。
○行政法
 第一回目の講義を2ユニット聞く。民法と比べると、理解しやすいように思われる。

 経済原論は一番時間をかけただけあって、いいペースで進んでいる。ただ問題演習となると、なかなかすんなりいかない。何度も問題集を繰り返すしかない。今は一周目なので、とにかく理解が大切だ。どうしてそうなるのか、テキストに戻って地道に考えてみよう。そういえば、この前の本試験の「規模に関して収穫一定」ってミクロ経済の言葉だったのか! 勉強していて出てきたのでようやくわかった(笑)。
 民法Ⅰの二周目が終わったらその分、民法Ⅱを進めよう。債権編は債権者や債務者、第三債務者など、関係がごちゃごちゃで分かりにくい…。

pagetop ↑

6月12日まで

2015.06.13(Sat)

『学習記録』 Comment(0)Trackback(0)
○民法Ⅰ
 二周目、占有権の演習。
○民法Ⅱ
 講義の一回目を聞く。特定債権や債務不履行など。
○経済原論(ミクロ)
 二回目の講義を聴き終え、一通り復習と問題演習をする。効用関数の微分計算をしっかり身につけたい。正直言って、民法以上の難敵だ。時間はかかるが、じっくり攻略していきたい。現時点の専門科目中、最重要科目だ。日を空けずに問題を解こう。
○数的処理
 二周目、判断推理、「試合」の演習のところまで。
○社会科学
 問題集一周目を終え、二周目に突入。
○文章理解(英文)
 毎日一題は解いている。単語力は一朝一夕にはつかないから、毎日続けよう。英検を取った時はもっと単語覚えてたのになあ・・・
(´;ω;`)
○憲法
 三周目、残すは財政と地方自治。三周目を終えたら、ひとまず憲法は暇な時に参考書をパラパラめくる程度にしよう。
※行政法は未着手。

 だんだん勉強する科目も増えてきた。労基の試験だけに限れば、まだテキストが届いていないのは教養科目の知識分野と時事、専門科目では労働法・労働事情・労働経済・刑法・社会学あたりかな。いま勉強している科目でやっと半分か・・・(汗
労働法について、なにか入門書でも買ってみようかな。今まで読んだ本ではがっつり労働法を紹介しているのではないから、どうしても表面的な記載にとどまっているし…。

 ところで、働きながら(僕のようにバイトではなく正社員で)労基の試験受ける人って、どのくらいいるのだろうか。数は少なくとも、そういう方はいるに違いない。仕事を終えてから勉強するモチベーションを見習わなければ。

pagetop ↑

自己採点結果と総括

2015.06.08(Mon)

『模試・試験』 Comment(0)Trackback(0)
昨日受験した労基採用試験の正答が発表されたので、早速自己採点しました。
その結果・・・

・基礎能力試験(教養試験)
 25/40

・専門(多肢選択式)試験
 19/40


 うーん、教養も専門も時間が足りなかったり、勉強していない科目もあることを考えると、実質どちらも-10点というのが今の実力だろう。カンで選んでたまたま予想より10問当たったようなものだ。今まで勉強した範囲だけで総括すると、

 教養試験では、
 ○:現代文が6問中、5問正解していたこと。英文できちんと読めた1問が正解していたこと。判断推理と図形が合わせて4問正解していたこと。
 ×:数的推理がやはりダメだった。英文も一問以外は壊滅。いま勉強できる範囲では英文と数的が優先だ。

 専門試験では、
 ○:憲法が4問全て正解したこと。民法も2問正解したのは嬉しい。社会学の一問も勉強していたおかげで取ることができた。
 ×:やはり留置権についての問題が痛かった。肢を二つまで絞り込めたが、間違っている方を選んでしまった。日頃から、なぜその肢が不正解になるのか(正解になるのか)を考えて復習しよう。

またいつもの勉強を坦々と頑張ろう。

pagetop ↑

H27年度 労働基準監督官採用試験

2015.06.07(Sun)

『模試・試験』 Comment(0)Trackback(0)
試験の雰囲気だけでも体験しようか、と思って申込み受験しました(来年の試験で合格することが目標です)。当然、玉砕。やはり3ヶ月程度の勉強では全くもって歯が立ちませんでした。

正答は明日公表されるようなので、得点は明日書き込みます。とりあえず、今日は試験の感想と得点の想だけ。

自分が受験した所では、労基Aが300人程度の申し込みがあったようだ。ところが、いざ教室に入ってみると、6割程度しか席が埋まっていない状況であった。実際の受験者数は、180人程度か。
受験会場は同じ国家専門職でも微妙に分かれているらしく、労基は終点までバスに乗らなければならないのだが、ひとつ前のバス停でぞろぞろ人が降りていき、満員だったバス車内が10人以下になった(笑)。
ぞろぞろ降りっていった人達は国税専門官の受験者だろうか。「ダンダリン」より「マルサ」の方が人気なのか、と思った。

・基礎能力試験(教養試験)
 現代文はすんなり行けたが、英文が壊滅的に出来なかった。数的推理は、判断推理はなんとかできたが、数的処理はダメダメ。図形は円の軌跡と正八面体の問題がなんとか出来た程度。時事問題も全く対策していないので×。知識系の地学と日本史、思想、司法制度についての問題は解けた。
予想点数→10~15点

・専門(多肢選択式)試験
 憲法と民法の一部が分かれば、という感じだった。フタを開けてみると、憲法はおそらく4問全て正解したのではないかと思う。民法はまだ学習していない債権と家族法の部分を除いた3問中、2問正解と思われる。外した1問は留置権についての問題だった。この1問については完全に復習不足。
 必須回答の労働法(12問)、選択問題の行政法、経済原論、労働事情・労働経済については未学習なので、全て常識と勘に頼って回答した。社会学の1問は正解できたと思う。というのも、教養の社会科学で勉強したばかりのところだったからだ。
予想点数→7~10点

・専門(論述式)試験
 こればかりは全くわからないので、今までさらっと読んできた労働法の知識を動員して、無理矢理解答用紙の空欄を埋めた。全く分からず、その箇所だけ情けないことに白紙で提出した問題がある。初めて見た言葉だったので全くわからなかった・・・。それは以下の三題(どれも100字程度で語句の意味を説明させる問題)。
 「労働基準法の強行的・直律的効力」
 「自然失業率」
 「規模に関して収穫一定」
 問題を見た瞬間に頭の上に?マークが出て、全く解けなかった(泣)
予想点数→???

「問題集を3回やらないとやったことにはならない」というのがしみじみ分かった。問題集3周目に入っているのは憲法だけだからだ。それが如実に結果に出た。特に英文は地道にやらねばまずい! 数的推理は3周どころか、6周以上は回さないと身につかないのではないかと思った。

来年は絶対受かるぞ!

pagetop ↑

▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2015 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。