FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

「つながり」と「孤独」

2013.09.25(Wed)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
 今日、ブログを更新しようとして「記事を保存」をクリックしたら、「ネットワークの接続が云々」というメッセージが表示されて書いたことが全部消えてしまった! なのでテーマを変えてもう一度記事を書いてみる。

 今、一人暮らしをしていてネットをつなぐためにはあるブロードバンドサービスを利用しなければならない。その使用料(二ヶ月分)を今日支払ってきた。携帯でもいろんなサイトは見れるのだが、なにぶん僕のは未だにガラケーなので、パソコンの方がネットをするには断然いい。
 けれどもどうしてネットを通じて様々なサイトを見、こうしてブログを更新するのだろう。僕にとっては、「つながり」が欲しいからである。もちろん現実の中でも「つながり」はあるのだが、仕事での人間関係がとくにそうであるように、それは必ずしもゆったりできるようなものではない。それに「つながり」がある特定の一つだけに限られていると、そこで息苦しくなっても逃げる場所がなくなるのだ。僕はこのブログを訪問してくれる方のブログをよく覗きに行くのだが、教えられることも多いし、なによりホッと一息つける場所のように感じている。

 最近は「つながり」や「絆」という言葉が流行りである。僕もこれまで書いたように「つながり」を求める人間なのだが、それと同じくらい「孤独」も大切にしたい人間である。よって最近の「つながり」や「絆」ブームにはちょっと違和感を持っている。なぜならそれは、「人間が孤独であるのはいけないことであり、異常なことだ。とにかく家族や地域社会とつながりをもとう!」と謳っている感じがするからである。しかし、人が「孤独」であるのはそこまで変なことであろうか。「孤独」だからこそ、人は「つながり」を求めるのではないか。いつでもどこでも誰とでも「つながり」を持てる社会(現代もスマホといったメディアや、LINEなどでこうした社会になりつつあるが)では逆に「つながり」がありふれたものになってしまい、価値を失ってしまう。暗闇があるからこそ明りを求めるのであって、絶えず明るければ明かりを求める必要はなくなるのだ。
 それに「孤独」な時間は人の考えを深めさせてくれる。我々には他者と話をし、思考の材料を分けてもらう(或いは与える)時間が必要な一方で、自分ひとりで思考を秩序づけ、自分の意見をつくる時間が必要だ。その時間は「孤独」でいるときである。そして「孤独」の中で、練り上げられたものは再び他者との「つながり」の中で共有され、批判され、「孤独」な時の思考の材料となる。「孤独」と「つながり」のどちらかだけを重要視するのではなく、「孤独」と「つながり」のこうした循環を大切にすべきだと思う。

 感覚的、表面的な、ただお互いにもたれかかりたいだけの「つながり」は、「孤独」に耐ええない人間のすることである。「孤独」を知っている人間同士の深い「つながり」とは似て非なるものだ。最近の「つながり」ブームがこうした偽りの「つながり」を広めているものならば、僕はそれに与しないだろう。そんなものよりも僕は北杜夫の次の言葉を信じる。

 「持つべきものは友であり、また友などというものは少ないほどよい。沢山友なるものを持っている人はどんどん絶交すべきである。」(『どくとるマンボウ航海記』、147頁。)

どくとるマンボウ航海記どくとるマンボウ航海記
(2013/05/17)
北杜夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

pagetop ↑

オリンピックとツイッター

2013.09.09(Mon)

『思うこと』 Comment(4)Trackback(0)
 2020年のオリンピックの開催地が東京に決まった。ニュースを見てもほとんどはこのことについてだ。僕も一国民として喜ぶべきなのだろう。しかし、個人的にはオリンピックが東京で開かれようが、イスタンブールで開かれようが、アンドロメダ銀河で開かれようがどうでもよいことなのである。それよりも僕の興味から言えば、甲子園の真紅の優勝旗が白河の関を越えることの方が大事なのだ(今年はベスト4に東北勢は二校も入ったが、あと一歩及ばなかった)。

 オリンピックだとかワールドカップとなると嫌でも興味を持って自国のチームを応援するようにしないといけないような空気が蔓延するが、僕はこうした空気を感じるとつい反抗心からあえて空気を読まないようにしてしまう(まあもともと空気が読めないのだけれども)。
 今回の件でも、オリンピック開催が東京に決定→国民として祝賀すべき、という図式が完成している。べつに僕は左翼でもなんでもないのだが、こうした図式に当てはまらない人間を目の敵にするような風潮はいかがなものかと思う。そもそも我々の足元を顧みれば、そんなに喜んでいる暇はないのではないか。いや、足元が暗いからこそこうしたニュースを見て日常を忘れたいのかもしれないが。

 人間にはどうも流行に乗せられやすい側面があるようだ。別にこれは明るい方面に関してだけでなく、暗い方面に関しても同様である。例えば、リーマン・ショック以降の不景気で「派遣切り」や「ネットカフェ難民」などが話題になったが、震災以降は下火になった。そしてその震災のことでさえその直後に比べれば、下火になりつつある。七年後、おそらく日本は東京オリンピックで沸き立つだろうが、一体その時真剣にあの震災のことを考えている人は何人いるのかと不安になる。

 今、ツイッターで迷惑行為をしている画像を掲載することが問題になっているが、これも「空気」や「流行」をキーワードに読み解くことができると思う。すなわち、ツイッターにこうした画像を載せる人々には特に明確な動機があるわけではなく、「周りがやっているから自分もしてみた」という程度のことなのだろう。そして世の人々もこれに火をつけたように反応するので(まさしく「炎上」だ)、迷惑行為をしている側はますますそれを面白いと勘違いするのだと思う。もし自分で何か面白いことをしようと本気で考えるひとはこうしたことはしないだろう。なぜならそれは他人の真似であり、流行に乗っかっただけであり、空気を読むなどという甚だ面白くない行為だからである。

 思うに、流行や空気にどっぷり浸かっていると自分で物事をじっくり考える能力が衰えていく。思考停止に陥るわけである。エリック・ホッファーは次のように言っている。

 「なんどもなんども驚かされるものだが、この国では一つの経験がまたたくまに味わいつくされてしまう。新しい流行やはやりや態度が、きわめて奔放に頂上に押し上げられ、いったん頂上に達するところがり落ちてゴミ箱に捨てられてしまう。馬鹿馬鹿しい。」(『波止場日記』、59頁)

 ホッファーのいう「この国」とはアメリカのことだが、どうやら日本も同じようである。

pagetop ↑

仕事のこと

2013.09.04(Wed)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
 会社から新入社員に対して、今までの仕事ぶりについてのレポートを提出するように言われた。
 その中で、仕事をする上での悩み・相談を書くところがあったので思い切って次のようなことを書いた。

 まあうちの会社だけではないと思うけれども、仕事の丸投げ(本社から支店への、上司から部下への)が横行している。上の人たちは「○○やっといて」とだけ言ってその仕事の具体的な手順を説明しない。我々下の者がひとまずその仕事を終えて恐る恐る報告に行くと、あれがなってない、これがなっていない、とダメ出しの嵐を喰らう。
 こういう理不尽な目に会うのが多いのは、なんといっても右も左も分からない我々新入社員である。こういうことをいうと「仕事のやり方は真似して盗むもの」だとか、「指示される前に自分から動け」といわれるだろう。 しかし、仕事の手順も教える余裕もなく、そうした気配りもできない従業員が働く会社が果たして長く存続できるのか僕は疑問に思う。なぜなら、そういう会社は次代を担う人材の育成という重要な責務を放棄しているからである。
 是非、上の方々には仕事を下に投げて終わりにするのではなく、少なくとも仕事を進める上での手順を説明してほしい。それができないのなら、仕事を指示された人間に「大丈夫?」と一言かける気配りがほしい。

 実際レポートに書いたことはもう少しオブラートにつつんである。けれども更に言うと、僕の会社の経営理念には「合理化」という文句が入っているが、人間と人間が共に仕事を進める上でのこうした「合理化」ができないのなら、「合理化」などという文句はいっそのこと、経営理念から外されるべきだと考えるのである。

 つい最近のことだが、四月に僕と同じく新卒で入社し、既に会社を辞めてしまった人と話をした。どうやら、この五ヶ月ほどで新入社員の一割はこの会社を辞めているようだ。いわゆる「ブラック」なのかどうかは第三者の判断を仰ぐとしても、個人的な感想としては肉体的にはもちろんのこと、なにより精神的にハードな会社ではあると思う。

 人が仕事を辞めるのは、その人が会社の仕事に無責任であるからか、会社がその人の仕事に対して無責任であるからなのか。それが問題である。

pagetop ↑

▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2013 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。