FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

悲惨な魂

2013.08.18(Sun)

『読んだ本』 Comment(2)Trackback(0)
“沖仲仕の哲学者”、エリック・ホッファーの『波止場日記』を読んだ。

波止場日記


 気になったのは1959年3月14日の記述。

 「フリースラント号にて四時間半。ここの仕事完了。久方ぶりに最高にきつい仕事が二日続いた。仕事帰りのバスの中で私は突然同情心にかられた――若者と老人、成功者と失敗者の区別なく、それなりの悲惨さを持たぬ魂など全世界に一つとして存在しないように思えたのだ。どういうわけでこの突然の同情心が湧いてきたのか、私には説明できない。」

 悲惨、或いは不幸というものは、途上国の貧民や戦争による難民、障害を持つ人、難病に冒された人、大震災に遭った人などだけの専売特許ではない。おそらく、人間たる者全てが多かれ少なかれ共通して持っているものである。私には先に挙げたような人々を、無視する意図はない。私はこのような人々の不幸を引き合いに出して、身近なところにある悲惨な、不幸な魂の存在を無視させようという人が気に食わないだけである。
 こういう説教をたれる人々は、まさしくホッファーのいう「知識人」である。すなわち、「自分は教育のある少数派の一員であり世の中のできごとに方向と形を与える神授の権利を持っていると思っている人たち」である。彼らは身近な悲惨な魂の存在を無視して「平和」や「絆」といった大言壮語を吐くが、そうした身近な存在を救うことすらできないのに、一体この世界に対して何ができるというのだろうか。

 「私は変わった人間ではない。ありふれた人間なのだ。そして、私はそのことを誇りに思っている。」
 こう言えるホッファーが力強く、輝いて見えた。

波止場日記―労働と思索
スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2013 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。