FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

時間割

2011.04.27(Wed)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。今日一応ですが、時間割をパソコンから登録しました。その結果、資格科目が土曜に集中していることが分かり、ちょっとやる気が失せました。前期は結構忙しくなりそうです。ゼミや学芸員資格のための講義などが重要になりそう。前期さえ乗り切れればうまくいくと思います。頑張ってやるしかないか。学事暦を見てみたけれど、前期試験がいつからやるのか載っていない。あとで説明されるのだろうか。

ところで今思ったのだけど、ゼミでは飲み会するのかなあ。まあ、飲み会どうなるかはおいといて、レポートや試験のために普段からこつこつやっておかないと大変なことになりそうだ。ではまた。
スポンサーサイト

pagetop ↑

コーヒー

2011.04.24(Sun)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。明日は今年度の資料配布があるので大学に行ってきます。履修登録はパソコンから出来るようになるので、そのことについても説明があるようです。健康診断は学部や学年によって異なるんですが、僕の学科はゴールデンウィーク明けだそうです。

ところで僕は一日にニ、三度コーヒーを、ブラックではなくてカフェオレにして読書や勉強のときに飲んでます。一気に飲むんではなくて、ちびちび飲むんで一杯飲み干すのに結構時間がかかってます。

大学祭で自分で初めてコーヒーを淹れて以来、コーヒーを飲むのが習慣になったような気がする。タバコも酒ものまないのに、コーヒーは結構飲んでるんだよなあ。
ではまた。

pagetop ↑

履修科目を妄想する

2011.04.23(Sat)

『思うこと』 Comment(2)Trackback(0)
どうも。さっきやや強い地震がありました。おそらくこの前の地震の余震でしょうが、夜中に来るのは怖いです。

さて、今年度、履修したいと思う講義を昨年度のシラバスを見ながら妄想してたんですが、必修科目や資格のための科目、専門の科目以外に受けたいと思うのは今のところ

『西洋経済史』、『日本経済史』、『日本思想史』

の三つになりました。他にも受けたい講義はありますが特に受けたいのはこの三つです。今年度も開講するとは限らないので、今考えてみても無駄と言えばそれまでですが。

ともかく、卒業に必要な単位数は三年次で揃えたいと思っています。(うまくいくかな・・・)四年次には必修や資格の科目と卒論と、他にいくつか学びたい科目が取れたらベストだと思います。

ところで先日震災以来はじめてのサークルの集まりがあったんですが、皆元気でよかったです。大学の講義棟、思いっきり工事してたけど大学の授業開始に間に合うんだろうかw
ではまた。

pagetop ↑

桜と雪

2011.04.20(Wed)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。今日は夕方からみぞれが降り、やがて雪に変わりうっすら庭が白くなりました。数日前は暑いぐらいの陽気で、桜も満開に近いぐらい咲いているのに不思議な天気です。

ところで花粉症なのか分からないのだけど、左目が充血している。余り痒くは無い。
近所に桜が結構沢山ある城跡があるけれど、そこは地震のためか入れないようになっていた。仮に入れたとしても、城跡の頂上に行くためには杉林の道を通らねばなら無いから花粉症の人には辛いと思う。

近所の神社や寺には枝垂桜が植えられている。遠くから見ると、まるで滝のようにも感じられる。日本中世史に関する論文の中で、寺院の中にある枝垂桜はこの世とあの世との結界だと見なされていた、というようなことが書いてあったことを覚えている。枝垂桜の元では連歌の宴が催されたりもしたという。美しい桜を境として得体の知れないものの住む世界が広がっているのかと思うと、枝垂桜も単に美しいということだけではなくて、何か不気味な感じもする。

pagetop ↑

石原都知事の発言

2011.04.18(Mon)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
石原都知事の種々の発言が物議を醸しています。("天罰"発言や自販機・パチンコ廃止発言)僕は発言の内容如何について云々しようとは思いません。発言内容に対しては既に相当の賛否両論がありますし。

これは僕の偏見かもしれませんが、石原都知事の発言も、これに対する反応も、異様に熱を帯びているように思われます。つまり都知事も国民も、感情に棹差すことに汲々としているという感が否めません。政治というもののこのようなスキャンダラスな一面が熱狂的に取り上げられる一方で、政治的無関心が問題となることは奇妙なことであるかもしれません。しかし、普段は政治になんら関わりの無い大衆(または自分でも、政治には関わりをもっていないだろうと自覚している人々)がセンセーショナルな問題が発生したときに政治的な熱を帯びていくのは過去の歴史を振り返ればよくあることではないかと思います。

また、道徳的な善さと、政治におけるリーダーシップというものを余りに日本人は同視しすぎている(保守・革新勢力如何を問わず)とも思われます。無論、人間個人の道徳と政治は不可分の関係であり、連関を持つものではありましょう。ただ、客観的な状態を無視して、道徳を持ち出しても、政治はなりいかないのではとも思います。まず客観的な状況が先行し、そのデータを元にして個々人が道徳や理想を持たなくてはならないと思います。客観的なものが主観的なものに先行するのは、学問と似たところだと思います。
もし仮に道徳における善が政治において、なによりも先行するのだとしたら、あの人は道徳的に「善い」人なので、その人の政策で多少国民が苦しもうが、それは"致し方ない"ということになり、その政治的指導者の政治的責任は免責されてしまうのではないでしょうか。その逆の事態も起こりえます。道徳的に「悪い」人は、その人の政策で世の秩序安寧が維持されていようが、道徳的責任の名において政治の指導的地位から引きずりおろされることとなります。ここでも政治的な責任というものは問われていません。

ただ、道徳と政治を簡単にスパッと切り分けてしまえば解決は早いかも知れませんが、先にも書いたように、これが連関を有しているので難しい。客観的に政治を考えることも大切ですが、そこから進展していくにはなんらかの道徳(理想)がなければ目的を失ってしまう。道徳と政治の間で悩み続けないといけないのかも、とも思います。

なんだか書いているうちに自分でも頭の中がゴチャゴチャになってきました。それでは。

pagetop ↑

本と学生

2011.04.18(Mon)

『読んだ本』 Comment(0)Trackback(0)
さっき記事を書き込みましたが、最近思ったことについて、また書いてみたいと思います。

近くの結構大きな本屋が、二日前から営業を開始しました。
震災数日後に、大きなガラスから店内の様子をうかがってみたのですが、本はいたるところで散乱し、蛍光灯や天井の破片が降り注いでいました。隣接しているカフェの中は、地震がおきてすぐ客が避難したのか、テーブルの上のコーヒーカップやお菓子がそのままになっていて、いたましかった。

先日その本屋に行ったところ、レジには多くの人たちが並んでいて、手には漫画、小説、新書などの本が握られていました。この近辺で他に営業している本屋はないので、本を求める人たちは必然的にここに来るのだと思います。

今僕は近現代史に関連して大学や旧制高校に関する本を読んでいます。その中に、戦後直後は戦災によって多くの本がなくなり知識に飢えた学生が、新刊の教養書を求めて徹夜で本屋に並んだという記述が出てくるのですが、これとこの本屋の光景はなんだか似ているところがあります。また僕はボランティアに何回か行っていて、その中でとある方と話して分かったのですが、岩波文庫を100冊読むことが大学生にとっては当たり前、という時代もあったようです。

ともかく、本が手に入るようになったのは良かったです。大学の生協も再開しましたし。ではまた。

pagetop ↑

勧誘が出来るらしい

2011.04.18(Mon)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。つい先日分かったことなのですが、新入生に対するサークルの勧誘活動が二日だけだけれどもできるということです。まずは一安心。

卒業式・入学式が中止になる中で、サークルの勧誘も中止だろうと思っていたんだけど、よかった。震災以来、サークル関係については何も進展が無かったのけど、これでようやく動き始めたという感がある。

配るビラも仕上げねば。

ところで、「へうげもの」の感想を書きたいんだけど、追記の機能が今書き込んでいる古いパソコンだとうまくできないみたいで、また後日に書きます。ではまた。

pagetop ↑

一ヶ月

2011.04.13(Wed)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。震災から一ヶ月以上経ちました。倒れたブロック塀や屋根にかけられたブルーシートは依然としてそのままです。県の図書館は結局7日の余震で五月なかばに再開が延期されました。それまで借りてきた本が返せない・・・。

ところで、『へうげもの』の放送が始まりましたが、第一話の感想はまた別に書きたいと思います。ではまた。

pagetop ↑

余震

2011.04.09(Sat)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。一昨日の23時半頃、再び猛烈な揺れが来ました。
先月11日の余震とのことですが、M7クラスで震度は最大6強というものでした。昨日まためちゃくちゃになった家の中を片付けました。先月の大地震で建物や道路が脆くなっていて、被害がひどいところもあるようです。我が家は大丈夫ですが、もう地震はたくさんです。ボランティアで片付けに行った方の家の中もまたぐちゃぐちゃになっているのではないかと思います。近所の崖の岩が崩れていたのにはびっくりした。前の地震でヒビが入っているようにも見えたけれど。また、大学も構内は再び立ち入り禁止になりました。

ところでまだ春休み状態なので、検定試験の勉強や近現代史に関連する書籍を読んだりすることもしている。しかし頭が悪いのと、忍耐力が無いのとで、遅々として進まない。読書は忍耐力をつける訓練でもある、という齋藤孝さんの言葉を実感する。

pagetop ↑

ライフライン全て復旧

2011.04.05(Tue)

『思うこと』 Comment(0)Trackback(0)
どうも。昨日ガスが通り、これでライフラインは全て復旧しました。
電気・水道は四、五日で復旧したんですが、ガスは三週間近くかかりました。

さて街の様子ですが、ガソリンスタンドも通常通り営業してます。
見たところでは、四割ぐらいのお店がまだ閉まっている状態。

地震が起きた日は吹雪だったけれどもう梅の花も散りかけて、相当暖かくなってきている。大学の講義開始まではあと一月程か。なんだか不思議な感じがする。

そういえば余震は大分収まったけれど、地響きの後に数回に分けて揺れがやってくる。
自室の引き戸がやたらガタガタ鳴ってうるさい。

ではまた。

pagetop ↑

▼ プロフィール

マンボウ

Author:マンボウ
25歳/男/大卒
民間で2年働いた後、1年半ほどバイトしながら勉強し公務員となる。
趣味は読書。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2011 マンボウ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。